各業界の転職事情−経験者座談会−

各業界の転職事情−経験者座談会−

2011年春の新卒者を対象とした就職率の調査では、調査を開始してから過去最低の数字を記録したと言われています。
それだけ新卒でも就職が難しい時代ですので、希望通りの業界に就職できなかったという人も数多くいるでしょう。
そういった人の中には就職した企業に数年間勤めて力をつけたら、希望する業界に転職したいと考えている人も多いと思います。
また給与の面から検討してキャリアアップのために転職を希望している人もたくさんいるはずです。

ただ、新卒の就職率同様に転職希望者の就職率も低くなっているのが現状です。
これに関しては社会人として仕事をしている人なら実感としてわかると思いますが、どの業界でも今は人員を削減して一人一人の作業効率を上げることに専念しています。
そのため新たに人材を雇うことに対して積極的な企業は非常に少なく、例え魅力的な人材がいたとしてもすぐに雇用に踏み切ることができません。
ただし、そんな中でも転職を成功させて確実にキャリアアップをはかっている人もいます。
資格を活かして希望の業界に転職した人や、同じ業界の中でも条件の良い企業に転職する人もいます。
では、転職が上手くいかない人と、転職に成功した人にはどのような違いがあるのでしょうか。

個人のスキルや人格などにも要因はあるかと思いますが、それらと同じくらい重要なことは転職したい業界についてどれだけきちんと理解しているかということです。
面接などでの受け答えにどれだけ自信を持っている人でも、その業界についてきちんと理解していなければ相手に熱意を伝えることはできません。
採用する人の立場から考えればスキルや資格を持っている転職希望者はたくさんいるのです。
その中でも即戦力になる人材を探しているわけですから、その業界の現状について理解が深い人の方を採用したいと思うのは当然です。
ここでは人気のある金融や医療などの業界について基本的な仕事の内容や、業界内での細かいジャンルの違いを紹介しています。
転職を希望する人はぜひ参考にしてみてください。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2016各業界の転職事情−経験者座談会−.All rights reserved.